ブロックチェーンゲーム


あけましておめでとうございます(・∀・)
2019年が始まりましたね。私は完全に昼夜が逆転しています。


今回は、最近、目に留まることが多くなってきた「ブロックチェーンゲーム」というものについて、ちょっとだけ検索してみました。


年末年始の休暇で、たまたまTVを見ていたら、以下のCMが流れていて、少し驚きました。


これを見ても、一体何が新しいのか、まったく伝わってこないですが(笑)、実は以下のような背景があります。



従来のオンラインゲーム(最近ではスマホアプリゲーム)では、一般に以下の問題点があると認識されているようです。

– オンライン上の不正改ざんが結構起こっている(ユーザーまたは運営によるもの)

– 基本は運営とユーザーでアイテム等を売買することに限定されている

– 運営がゲーム開発を放棄してしまうと、すべてが無駄になる



今回のゲームは、いわゆるDapps (Decentralized Applications) ゲームというもので、端的に言うと…

– ブロックチェーンにより、オンライン上の不正改ざんがしにくく(基本的にはできない)

– ユーザー同士でもアイテムの売買が可能で

– 異なるゲーム間でアイテムや通貨を引き継ぐことが可能

といった特徴を兼ね備えることができます。




今の段階では、まだクオリティが高くない印象ですが、スマホゲームや課金システムとの相性が抜群なため、今後の発展が期待されると思います。仮想通貨(トークン)の概念を受け入れたり、それをさらに簡単に管理するシステム構築が重要ですね。心理的ハードルがまずは第一関門かと思いますが、時間の経過がそれを解決するようにも思えます。



上記CMのゲーム
My Crypto Heores (マイクリプトヒーローズ / MCH / マイクリ)
「ゲームにかけた 時間も お金も 情熱も、あなたの資産となる世界」
My Crypto Heores



以下のHPで、他にもおもしろいゲームが発見できるかもしれません。
dApps market

Twitterアカウントもありました。
Twitter – dAppsMarket | ダプマ – Blockchain Gaming
(私もフォローしました)



今年もよろしくお願いします(・∀・)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。