ビットコインは金融システムを変えられるか?


BitMEX分析レポートに、興味深い記事が載っていましたので、まとめたいと思います(・∀・)

参考HP
コインポスト
今更聞けない:ビットコインは実際法定通貨より何が優れてるのか?


BitMEX
Atomic Swaps and Distributed Exchanges: The Inadvertent Call Option


「ビットコインは金融システムを変えられるか?」


論じる上で、「法定通貨(fiat)の銀行預金」「現金」に対して優れている点を整理します。

セキュリティ:銀行では、何重ものセキュリティ保護があり、盗難時にも保険あり。
電子送金:銀行では、ネットや電話で低額を高速に送金可能。
利便性:スマートフォンやPCを介して銀行で決済することが可能。支払い記録等を残せる。
監査性:銀行では、取引を追跡・管理・監視しているため、詐欺等が防止可能。



想定される将来の位置づけとしては、

現金:○貨幣性 / ×電子性
銀行預金:×貨幣性 / ○電子性
仮想通貨(bitcoin):○貨幣性 / ○電子性


すなわち、
ビットコインは、現金と銀行預金の中間的存在として、新たな選択肢を与える
と考えられているようです。

– ビットコインでは、銀行への入金が不要。
– さらに、ブロックチェーン等の利用により、個人間取引を監査可能な状態で実行可能。
– 一方で、銀行預金から現金化する場合は、プロセスに長い時間と手間が必要。


今から楽しみです(・∀・)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。