糖尿病ケアアプリ


近年では、製薬業界にもデジタルの波が押し寄せています。

デジタルメディシンや治療アプリ…など、収益率が高い医療業界への異業種参入がすでに始まっています。今回は製薬会社が展開しているアプリについて紹介します(・∀・)



田辺三菱製薬が、糖尿病ケアアプリ「TOMOKO」の社会実証を行うそうです。
対象は、重症化の危険がある糖尿病患者を指導する保険者や地方自治体で、重症化予防効果を確認することが目的です。
将来的にはアプリの販売に持っていきたいとのこと。



アプリの内容としては、以下の通り。
– 食事、運動、体重、服薬状況、血糖値などを記録
– 指導者が立てた行動計画をどれくらい実行できたか確認
– アニメキャラが生活習慣をアドバイス
– 栄養士などと情報共有し、診療をサポート


今後も医療アプリは出てくると思いますので、注目です(・∀・)


田辺三菱製薬ニュースリリースより引用

参考HP
田辺三菱製薬
The Sankei Shimbun




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。