UBT: ブロックチェーンの医療応用


Unibright (UBT) に関する情報です。

「ブロックチェーンと公衆衛生システム – Unibrightがクロスチェーン化」という内容に関して、 Blockchain and Public Health Systems — Unibright Goes Cross-Chain の情報を要約しましたので、ご興味のある方は是非ご一読を。



また、以下の記事も参考にしていただけると幸いです。

Unibright (UBT) まとめ
ブロックチェーン技術を臨床試験に


2018年10月に、ドイツ保健省は、公衆衛生においてブロックチェーンの活用事例を探していました。そこでUnibrightは、「医療用レジストリ(患者情報の登録など)の拡張ブロックチェーンネットワーク」を提案しました。このUnibrightの提案は、既存のシステムをブロックチェーンに統合するという点で医療産業的に重要であり、魅力的なものです。




Unibrightによる問題解決
(医療用レジストリをブロックチェーンで管理)

1- 医療記録運用の問題
(様々なシステムが混在しており、現状運用しづらくなっている)
医療記録というものはある種、特殊なもので、国や州によって異なる規制がされているため、ネットワークでつながっていないことが多いです。これらを統合および標準化することにより、これまで運用しづらかった患者の医療記録を、より利用しやすくし、医療の質向上が期待できます。

2- 個人情報管理の問題
(患者に医療用レジストリへの参加を促す)
臨床試験に患者が参加する際、個人情報の管理が適切に行われ、情報が保護されることが極めて重要です。安全性が保証されるならば、患者は安心して治験に参加できると考えられます。




ブロックチェーンを利用する理由
ブロックチェーンによる解決には次のような利点があります。

証明可能性
従来のデータベースとは異なり、ブロックチェーンは、誰がどのような情報をいつ提供したかを明確に特定できるという利点を有します。

安全性
ブロックチェーンは、データの改ざんに対して強固な安全性を有します。中央集権型の脆弱なデータ収集構造とは対照的に、自動的に保護される構造となっています。

関係者のみがアクセス可能
ブロックチェーンを利用すると、特定の関係者が、明確に定義されたデータにアクセスすることが可能となります。

疑似匿名性
多くのブロックチェーンプロトコルには、擬似匿名性の概念が包含されており、その匿名性は様々なシチュエーションで望まれています。



今後も、Unibrightの活動に注目したいと思います(。・ω・。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。