Coinbase Pro: 上場検討中の通貨


Coinbaseは12月に、「31以上の通貨の追加を検討中」であることを発表していました。

今回、新たにStellar(XLM)が追加されたことで、界隈が少し盛り上がったようですので、少し振り返ってみたいと思います(・∀・)




Coinbaseは、下図の通貨が候補と発表していました。
そこで、すでに上場されたものに、水色のチェックマークを入れてみました。



よって、今後、上場の可能性が残っている通貨は、以下の通り。

Cardano (ADA)
Aeternity (AE)
Aragon (ANT)
Bread Wallet (BRD)
Enjin Coin (ENJ)
EOS (EOS)
IOST (IOST)
KIN (KIN)
Kyber Network (KNC)
ChainLink (LINK)
Loopring (LRC)
Mainframe (MFT)
NEO (NEO)
OmiseGo (OMG)
Po.et (POE)
Quarkchain (QKC)
Augur (REP)
Request Network (REQ)
Status (SNT)
Storj (STORJ)
Tezos (XTZ)


これまでは、より厳選した通貨を上場するというスタイルをとってきたCoinbaseですが、最近のbinanceの勢いに影響を受ける形で、今後、上場ラッシュが起こる可能性もあるかもしれません(*´Д`*)

最新情報は、Coinbase ProのTwitterから発信されるかと思いますので、要チェックです。
Coinbase Pro – Twitter


参考HP
Chepicap – These 21 cryptocurrencies are still candidates to be listed on Coinbase Pro
The Coinbase Blog – Coinbase continues to explore support for new digital assets




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。