医療 × ブロックチェーン


ブロックチェーンでできることはたくさんありますが、医療分野において考えられていることを、簡単にまとめます。


信頼性↑
患者の個人データは、誰も改ざんできない。

安全性↑
患者の個人データを、「患者自身が」分散して管理できる。

匿名性↑
匿名でデータを扱える。

データの質↑
患者データを利用したい研究機関などはトークンを発行し、データ提供の報酬として、患者に対してトークンを与えることができる。質の高いデータやマイナーなデータは重宝され、報酬も高くできる。


これからは、自分の医療データは、病院で管理するのではなく、自分で管理する時代になると思います。医療機関は、そのデータを「購入」し、より良い医療の提供に役立てるという構図は、想像に難くないハズです(*´ェ`*)


以下のまとめ記事もご参考に(・∀・)

ブロックチェーン技術を臨床試験に
UBT: ブロックチェーンの医療応用




最もふさわしい書籍はこちら!

2019年11月に発売された「医療 × ブロックチェーン」に関する書籍。ブロックチェーン技術が医療にいかに活用されるのか、系統立ててまとめられています。これからのヘルスケア業界に旋風を巻き起こすと予想されるブロックチェーン技術について、米国の事例を元に、紹介されています。

← Amazonから購入できます




オススメの書籍がありましたら、Twitter経由で是非教えてください。
よろしくお願いします(・∀・)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。